" alt="使い方に合わせて選べるキッズインテリア">

家具の楽しみ方WEBマガジンカグカン

2023.01.13
使い方に合わせて選べるキッズインテリア
2023.01.13
使い方に合わせて選べるキッズインテリア


年が明け新しい年を迎えて、お子様のご入学や進級のタイミングが少しずつ近づいてきましたね。
この時季は、春に向けてお部屋を子ども部屋用に模様替えしたり、学習環境を整えたりと新生活の準備を進められる方も多いのではないでしょうか。
お子様にとってベストな環境を準備するために、使い方やスペースに合ったインテリアを準備したいですよね。


そこで今回は、使い方に合わせて選べるキッズインテリアをご紹介いたします。
お子様の充実した新生活のために、今から準備を始めてみてはいかがでしょうか。

1.お部屋に合わせて選べるデスク

この時季にお子様の学習環境を整えるため、子ども用デスクなどのご購入をお考えの方も多いのではないでしょうか。
その際、お部屋の雰囲気やサイズにぴったりと合うものを選びたいですよね。


そこでオススメしたいのが、木の風合いを生かしたこちらのシリーズです。


KK『デスク』W110×D53×H74cm 50,600円(税込)
KK『シェルフ110』W110×D23.5×H97cm 49,500円(税込)
KK『ワゴン』W36×D44×H56.3cm 30,800円(税込)
SP『チェア』W43.6×D46×H75.6cm 33,000円(税込)
キッズデスクフェア中:上記4点合計 163,900円(税込)→10%off 147,510円(税込)



天然木の風合いを生かしたシンプルなデザインで、樹種は明るい色合いのアルダー材と、落ち着いた色合いのウォールナット材が展開されています。
デスクとシェルフの横幅は90cm・100cm・110cmの3サイズがあり、お部屋の広さに合わせて選ぶことができます。


また、デスクの脚は斜めになっており、立ち座りしやすい形になっています。


スムーズな動作ができる形



デスクの引き出しには、お子様が大事なものを収納できる鍵が付いています。


自分だけの収納スペースに



さらに、シェルフやワゴンが別になっているのもポイントです。


3つの引き出しと大きな棚のシェルフ



ワゴンは移動しやすいキャスター付き



ワゴンの引き出しはトレー付き



それぞれが独立しているので、組み合わせ方はさまざまです。
デスクの奥にシェルフを置いて奥行きを出したり、左右どちらかにシェルフを置いてL字にしたりと、お部屋に合わせて形を変えることができます。




簡単にレイアウトが変更できる



チェアは張地の色を選べるので、全体的なお部屋の雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。
お子様と相談しながらお好きな色を選ぶと、大切に使ってくれるかもしれませんね。




樹種によって選べる色が異なる



こちらのKKシリーズは、シンプルなデザインなので、お子様が大きくなっても使えるのが魅力のひとつです。
実際に、大人が在宅ワーク用として使っているということもあるようですよ。


KaILEでは、1月31日(火)まで「キッズデスクフェア」を開催中で、期間中は対象商品3点以上ご購入で5%OFF、4点以上ご購入で10%OFFの価格になるそうです。


これからのお子様の成長も見越して、長く使えるデスクを選んでみてはいかがでしょうか。


※キッズデスクは、4月までの展示を予定しております。在庫・取り扱いの状況などは直接店舗へお問い合わせください。

KaILE/BiVi福岡_1F・2F/TEL:092-736-0262




2.お子様をワクワクさせるこだわりデザインのベッド

お子様の入学や進級に合わせて、子ども部屋を用意するというご家庭もありますよね。
その際に、新しく準備するものの一つがお子様用のベッドではないでしょうか。
スペースを上手に活用し、しかもワクワクするようなお部屋づくりを行いたいという方にはこちらがオススメです。


ASPIRE(アスパイア)『ハイベッドH124.5』W206×D94×H124.5cm 265,100円(税込)
ASPIRE(アスパイア)『チェスト』W76×D37×H45cm 59,400円(税込)
ASPIRE(アスパイア)『デスク』W76×D55×H73.2cm 79,200円(税込)
ASPIRE(アスパイア)『スツールボックス』W40×D40×H42.8cm 38,500円(税込)



ASPIRE(アスパイア)シリーズは、デンマークのデザインユニット“Says Who”によってデザインされたインテリアです。
無垢のオーク材を使ったラダーで囲まれたデザインなので、お子様だけの特別な空間づくりにぴったりです。


一般的なベッドのはしごは左右どちらかに寄せていることが多いのですが、ASPIRE(アスパイア)のベッドは中央にはしごがあり、頭を左右どちらに向けて寝ても使いやすくなっています。


中央にはしごがあるのがポイント



さらに、同シリーズのチェストやキャスター付きのデスクを合わせることで、使わない時はベッドの下にしまうことができ、スペースを有効活用できます。



ベッド下にちょうど良い高さでぴったり収納



また、兄弟や姉妹がいる場合は同じシリーズの2段ベッドもオススメです。


ASPIRE(アスパイア)『2段ベッド』W206×D94×H154.5cm
353,100円(税込)



2段ベッドはハイベッドと下のベッドに分けて使用することができるため、お子様たちが成長したときはそれぞれに使っても良さそうです。


ダボで止めているだけなので取り外し簡単




別売りのクッションと合わせてソファとしても使える



初めてのベッドや自分だけのスペースは、お子様たちにとって忘れられない嬉しい経験になると思います。
必要に応じてチェストやデスクなどのオプションを選んで、お子様と一緒にお部屋づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか。



ACTUS福岡店/BiVi福岡_1F・2F/TEL:092-771-7003




3.遊び心のあるミッドセンチュリーデザインのデスク

ご家庭によっては、子ども部屋ではなくリビングでの学習を考えられているご家庭もあるのではないでしょうか。
リビング学習用のインテリア選びでは、リビングになじみつつ、子ども自身が気に入って“自分から座りたくなる”デザインを用意してあげたいですよね。


そんな方におすすめなのが、こちらのシリーズのデスクとチェアです。


GRIFU(グリフ)『デスク W1650』W165×D45.2×H72cm 99,000円(税込)
GRIFU(グリフ)『チェア』W40×D52.5×H78×SH42.7cm 22,000円(税込)



GRIFU(グリフ)シリーズは、ミッドセンチュリーの雰囲気を取り入れた、遊び心のある暮らしをイメージしたデザインです。
シルバー仕上げの取手や脚部、黒の天板がデザインのアクセントになっており、どこか学校のような雰囲気もありますよね。



ビーチ材とシルバーカラーがオシャレ



デスクとしてはあまり見かけない横幅165cmという広いサイズのため、お二人で並んで使うことができます。
リビングにはもちろん、2人部屋用に置いても良いでしょう。


引き出しは中央にひとつ



棚上のスペースには本などが置ける



天板には、耐汚染性や耐水性にすぐれたブラックのメラミン化粧板が使われています。
お子様が水をこぼしたり、絵具でお絵描きして汚したりしても簡単に拭き取れるので安心です。


黒の天板がデザインのアクセントに



また、天板の縁には面取りが施されており、柔らかい印象になっています。


細部までこだわったデザイン



このシリーズはW1000とW1200のサイズ展開があるため、お部屋に応じて選べます。


リビング学習用としてのインテリアは、お部屋になじみ、お子様が集中できるデザインになっていることが大切なポイントです。
リビングになじむオシャレな学習デスクで、お子様が自ら進んで座りたくなる環境を整えてみてはいかがでしょうか。




unico/BiVi福岡_1F/TEL:092-737-7704




いかがでしたか?

これから春に向けて、いろいろな準備が必要になってくる季節です。
お子様がどのような使い方をするかで、選ぶインテリアも変わってきますよね。

この時季から早めに選んでおくと、余裕をもって4月の入学や進級を迎えることができますよ。
この機会に、ぜひ使い方に合ったキッズインテリアをご検討されてみてはいかがでしょうか。




今回取材したお店はこちら

KaILE/BiVi福岡_1F・2F/TEL:092-736-0262

ACTUS福岡店/BiVi福岡_1F・2F/TEL:092-771-7003

unico/BiVi福岡_1F/TEL:092-737-7704

この記事を読んだ方にオススメ